脱毛ナビ 

脱毛を比較する−エステ脱毛と医療脱毛、自宅脱毛

ムダ毛の処理は、もう常識になってきました。お気に入りのノースリーブや水着を着るために、薄着の時期にはうぶ毛もキレイに処理する女性が増えてきました。
自宅での脱毛でいろんな肌トラブルを抱えた人が、格安になった脱毛エステでの脱毛に切り替えるので、脱毛エステは顧客獲得のバトルが繰り広げられています。

 

そんな今時の脱毛事情を、エステ脱毛、医療機関の脱毛、自宅での脱毛に分けて比較してみようと思います。

 

 

脱毛エステの脱毛事情

脱毛エステで行う脱毛は、ニードル脱毛、IPL(インテンスパルスライト)脱毛、MPL(フラッシュ)脱毛、プラズマ脱毛などの脱毛方法が使われています。ニードル脱毛を除いては、IPLもフラッシュもプラズマも光源が異なるだけで、キセノンライトを使っている部分では同じですが、一般的にはIPL脱毛やフラッシュ脱毛が多く使われています。

 

◆ IPL脱毛とは、インテンスパルスライトという光のエネルギーを利用した脱毛法で、距離が遠く離れるほど拡散する性質の光を、カメラのフラッシュのように一瞬皮膚に当てることで、毛根にダメージを与えてムダ毛が生えるのを抑える効果があります。

 

◆ MPL(フラッシュ)脱毛は、キセノンライトといって、キセノンガスの中で放電させることで発光させるエネルギーを使った脱毛法です。プラズマ脱毛も同じです。

 

脱毛機器やメーカーの呼び方が違うだけで、エステで行われる脱毛はだいたいIPL脱毛かMIL(フラッシュ)脱毛が主流です。

 

一度に広い範囲を処理できるので、施術時間、肌への刺激も少ない。永久脱毛ではなく抑毛効果。

 

 

医療脱毛の脱毛事情

美容外科クリニックや美容皮膚科などの医療機関での脱毛は、ニードル、レーザー脱毛がありますが、保険対象外なので、エステより費用はかかります。
ただ、医師が出力の強いレーザーを使った施術が可能なので、1回の脱毛効果が高く施術回数が少なくて済みます。エステ脱毛が抑毛効果であるのに対して、医療機関では永久・半永久脱毛効果が期待できます。
また、エステの光を使った施術は、美肌効果を狙った施術で使われることも多いです。
医療機関の脱毛は、を使って行います。

 

出力の高い医療用レーザーを使用。永久脱毛が期待できますが、痛みを感じることが多く、費用も高くなります。

 

 

自宅での脱毛事情

近年、エステで使われるような光のエネルギーを使った家庭用脱毛器が多く販売されて人気になっています。
従来のカミソリや除毛クリームを使った脱毛方法も行われていますが、お肌が乾燥したり荒れたり、シミの原因になると言われているので、よりキレイに脱毛したいという願いから、家庭用の脱毛器を使う人は増えているようです。

 

家庭用脱毛器は、低価格で自分だけでいつでも好きなときにできるのが人気。